次回からミミモグラと検索してください   まだまだ更新中です♪

ネパール・一週間冒険旅〜その8〜チトワンの夜

 

先月はまさかに2回しか更新していませんでしたが、今月からはまた頑張ってブログを書かせていただきます〜wwしかし、いつまで2020年前の内容を更新するのでしょうかw、後もう少しの辛抱で2020年の内容に入りますので、引き続きブログのお付き合いお願い致します。😆🙇‍♂️

さてさて、ネパール旅の話に戻ります。

 

2019/12/30, 18:00、同日ジャングルツアーから川沿いの宿戻り、気づけばちょうど夕日が落ちるとこでした。敷地内に川沿いのヤードがあって、そこにテーブルとベンチがあります。私たちは少し疲れた体を綺麗な景色で癒そうと思い、自然とそこに座って夕日を眺めていました。

でも夜のイベントもまだまだあるので、長いはできません。これから宿のオーナーに勧められたローカルのカルチャーダンスを見に行く予定です。と、その前に食探しですね〜

 

 

チトワン は小さな町なので、飲食街もある一本道に並んでいるため、最初に目にしたお店に入ることに。適当にカレー以外の料理を頼んでみたら、こんな感じのものが出てきました〜 何故かいつも頼みすぎす。。。二人でこの量は全く必要なかったですね、だから旅してるのに激太りするんです(;_;)。。。。 この中でもダントツでモモ(餃子)が一番美味しかったです!

そして、ダンスが行われるホールへ向かいます。

 

 

街並みはこの様な感じです、空もすっかり昏くなりましたね。

、、、、この写真!wっぷ。。。食後は5キロ太った感ありますねっw

 

 

ダンスホールに到着した時にはほぼ満席になっていました(自由席)、そしてギリギリ開演時間に間に合いました😓。一人たった200円でカルチャーダンスが見れます!

 

 

ほうほうほう、最初は男性の”威嚇ダンス”?それから女性が登場しますが、女性の部分は凄く短かったです。勝手ですが、そういった配分でカルチャーの重心がどこにあるのかを連想せざるを得ないですね。

 

 

終盤ににフィアヤーダンスも!これはカッコ良かったです〜 あと、ずっと背後で演奏していた学吹の方々も素晴らしかったです。

 

 

最後は観客もごっちゃ混ぜ〜www もちろん私も参加しました(超ノリノリですねw)😆〜 200円でこの満足感は凄いです〜

ダンスも楽しかったのですが、この夜は宿に戻ったら川沿いの神秘的な霧かかった景色が待っていました。

 

 

この絶景は全く想定していなかったので、本当に驚きました。写真が上手く撮れず、皆さんにあの夜みた霧を共有できなくて悔しいです。本当に「ここはどこですか?」と口にしたくらいですw まさに”あの世”を見た気分でした。妖怪か神様かどっちかが出てくるんじゃないかと思えるくらいのレベルです。

 

 

宿のオーナーが焚き火でもしようよとお誘いしてきたので、お言葉に甘えて💕〜

 

 

焚き火の音が聞こえたのか、もう一組のお客さんも部屋から出てきました。(写真右側に映っているのがオーナーです)何を話したのか一つも覚えていないくらいどうでも良い話をお互いしてましたが、それが究極の癒しになりました。

 

光月を映す水面、それをもやっと霧かかる川沿いの景色、知らない人達と焚き火を囲む夜、ゆったりしながら隣に座っている人の話をただただ聞くこの夜は、都会に住んでいる私達に普段味わえない何かを体験させてくれました。きっとこの夜見た光景は長い間忘れないでしょう。