次回からミミモグラと検索してください   まだまだ更新中です♪

ニュージーランド11日旅〜その18〜絶景世界遺産ミルフォードサウンド!

 

2019 / 1 / 4  この日は絶景すぎる景色が沢山待っている日なので、早起きして出発!!!

日の長すぎるこの時期に空がまだ完全に明るくなっていない時間、、、6:45のピックアップなので(早すぎw)、5時半くらいに起きて、6時15分にはピックアップされるQweenstown Holiday Park & Motelにてバスが来るのを待機です。ちょうどQweenstown Holiday Park は私たちの宿から徒歩10分でつけつ場所なので、超便利〜〜逆に丘の上にあるため、市街地から来る人は大変かなと思いきや、いくつかピックアップ点があるため、安心です〜そりゃそうですねw

 

 

そして、バスの窓から朝日を楽しみます。

普段この時間帯はなかなか起きていないので、フレッシュな気分でとても気持ち良いです〜💓☀️

 

 

早朝のこの景色。何時間眺めていても飽きない。

実際その場にいるのに、なぜか映画のシーンを見ているようで不思議。

 

 

バスに乗っているだけで、、、ではなく、バスという楽な手段でこのような宏大すぎる景色が見れるなんて、私たちは幸せですね。

今は本当に便利な時代になりました。昔(何十年前)の人たちは、こういったツアーもなければ、携帯でナビもできない、きっと同じ目的地に辿り着くために、今より何倍も何十倍もの時間を潰したでしょう。今の時代は人もいない山中でもナビは作動するし、ネットも繋がる。。。なんていい時代なんでしょう。もちろん便利になりすぎた世の中なので、デメリットもありますが、やはり私はこの時代に生まれたことに感謝しています。

 

 

なんてことを考えていたら、最初の休憩所?観光案内所に到着。

途中の休憩所なので、名前はちょっと見つかりませんでした。

 

 

バスに戻ると、Jucy Cruiseと書いてあるパスをもらいました。これはミルフォードの船に乗る際に使用するので、ちゃんとしまっておかないと。ちなみにJucy Cruiseは今回利用する船会社名です。これは予め日本でツアーを申し込んでいるので、特に船会社を選択できる訳ではありませんでしたが、ニュージーランドなので、そんなにレベルの低いものはないと思います。

 

 

そして、バスから見える絶景はまだまだどこまでも続きます♪

 

 

本当にジュラシックパークにいるみたい〜w

 

 

もはや、人間が立ち入っていいのか疑ってしまう。

 

 

あああああ、最高ですね!!バスの天井もガラスになっているので、開放的!(荷物置き台がちょっと邪魔だけどw)

 

 

 

 

船場までの途中、2回くらい外に出て撮影を楽しむ時間が設けられました。

楽しい〜〜〜💜

 

 

どこをどう撮っても絶景でしたw!!!

 

 

そして、バスに乗って4時間半?!!!!やっとミルフォードの船場に到着!

あああああ。もうミルフォード見えちゃってる!💜

 

 

こっちのカッコいい船ではなく、少しだけ小さめの緑の船に乗ります。

 

 

船場では、恐らく20〜30分程度並んで待っていました。

意外と人が盛りだくさん。

 

 

船に乗る際、先ほどバスでもらったパスを見せると、クッキーとドリートスをもらいました!

なるほど、これが昼食のようです。とてもシンプルですが、量は丁度いいかなと思います。ですが、隣の白人の方は、量が少ないと言っていましたw。正直大食いする私にも少ないのは少ないですが、お腹が空くほどではないです。でも、ツアーに付いているご飯には絶対期待しないことですね。。。。。。

 

 

ミルフォードで1時間半回るクルーズが出発します〜〜!

まずは一回の室内にて〜〜(いつも思いますが、日本も含め、船や観光乗り物(ロープウェイ等)の窓っていつも汚いんです。メンテの頻度はあげられないんでしょう?本当にいつも窓が汚くて外の景色が綺麗に見れず残念ですよね。。。)

 

 

崖から流れ落ちてくる滝。近すぎて、全体写真撮れませんでした。。。

 

 

観光客が沢山乗っている船での自撮りはハードです。なので、今回は特に記念写真をあまり撮らず、目で景色を楽しもうと思いました。

 

 

ただ、一枚も撮らずに帰るのも勿体無いので、1枚だけ💜

 

 

わああああああ〜〜〜〜〜これが噂のミルフォードサウンド

 

 

なんてカッコいいビューなんでしょう!!!!思わず叫んでみたくなりますね!w

 

 

また、船長のイタズラ大きい滝の近くまで行ってくれるアトラクションも♪

これにはみんな子供のように大喜びで大はしゃぎ〜〜♪♬

 

 

ただ、最終的にみんなビッショビショですw

ああ、なんて楽しい時間なんでしょう。

 

 

復路も勿論4〜5時間かけて宿に帰ってきました。

帰りのバスの中、もはや誰も景色は見ずに、遊び疲れた旅人全員がぐっすり眠っていました。

 

そして、夕食はまた節約のため(ここで外食すると、ファストフードでも一人20〜30ドルします。。。。)スーパーで買ってきた食材でまた料理を〜この日の夕飯は同じ宿に泊まっている別の旅人達もいたため、賑わいました〜

 

旦那氏と一生忘れられない日がまた作れて、大満足です〜☕️